SSLサーバ証明書とは?

通常の通信では、悪意あるハッカーに傍受、悪用される危険があります

通常の通信(http://)では、サーバとクライアント間での通信が暗号化されておらず、通信経路上で傍受が可能な状態になっております。そのため悪意のあるハッカーなどが傍受し情報を悪用する危険があります。

SSL通信を行う事で危険を回避することが可能となります。

SSLサーバ証明書は実在性の証明を行う事が可能で、サイトシールにより企業情報の証明を行うドメインや、組織を証明するサイトシールなどがあります。

お客様の必要度に応じてお選びください。

SSLサーバ証明書を利用するメリットとは?

データ漏洩防止、セキュリティ確保

通信経路を暗号化することで、IDやパスワード、クレジットカード情報等、他人に知られたくない情報を保護することが可能です。

サイト信頼度の向上

実在証明により、サイト利用者の信頼性を上げることができます。

また最近では、SSL対応をすることで検索エンジンからのサイト信頼度も向上するため、SEO対策として導入頂く例も多数ございます。

このようなサイトにおすすめ!オンラインショッピング、会員登録が必要なサイト、プレゼントキャンペーンサイト

話題の「常時SSL」とは?

常時SSLによるメリット

話題の「常時SSL」とは?

常時SSLとは従来の一部のページだけにSSLを導入するのではなく、ウェブサイト全体にSSLを導入することで「ウェブサイトの価値の向上」や「セキュリティの強化」といったメリットを得ることができます。

検索結果ランキングでの優遇

ウェブサイトへアクセスする訪問者に安心を提供できる事に加え、常時SSLはGoogleが推奨していることもあり検索結果のランキングで優遇されます。

常時SSLが必要な理由は?

訪問情報解析のためのリファラ情報収集

集客率アップ!訪問情報解析のためのリファラ情報収集

常時SSLの導入が促される理由の一つにリファラ情報の収集に関する問題があります。
リファラとは、あるWebページのリンクから別のページに移動したときの、リンク元のページのことを指します。
これを辿っていくことにより閲覧者がどのサイトから訪問したのか、サイト内でどのようなリンクを辿ったのかなどを調べることが可能となります。

リファラ情報の収集に常時SSLが必要な理由

リファラ情報の収集に常時SSLが必要な理由は?

リファラ情報の収集に常時SSLの導入が必要な理由として、HTTPSのウェブサイト(SSLが導入されている)からHTTPのウェブサイト(SSLが導入されていない)に遷移した場合に、リファラ情報は送信されないという問題があります。
HTTPSのウェブサイトからリファラ情報を収集するためにはリンク先のウェブサイトもHTTPSである必要があります。